フリーランスエンジニアの健康保険

フリーランスエンジニアは個人営業主にあたりますから、会社の社会保険に加入することはできなくなります。しかし国民健康保険に加入すると保険料が高くなり、なかなか大きな出費になってしまいます。しかし実は、必ずしも国民健康保険に加入する必要はありません。組合国保に加入することができれば、保険料をぐっと抑えられる可能性があるのです。

組合は基本的に職業によって分けられており、医師や薬剤師、美容師、土木業従事者、弁護士など、その職業に就いていなければ組合員になることはできません。組合に加入するメリットとしては、保険料が一律であるため収入が大きくなると保険料が割安になり、給付内容が手厚いことが挙げられます。それでは、フリーランスエンジニアはどの組合に加入すれば良いのでしょう。

実は、IT関連の組合というのはありません。しかし、デザイナーや画家、漫画家、小説家など文芸や美術関係の仕事に従事している人が加入する文芸美術国民健康保険組合に加入することができます。どのような方法を使えば良いのかと言うと、職業欄をWEBデザイナーにするだけです。そして、加盟団体に加入の申請をします。インターネットを使ったクリエイター向けの加盟団体もありますので、厳密にはWEBデザインをあまりしていないという人でも著作物を作っている、HPを作っているなど条件に当てはまれば団体に加盟できます。もしもWEBデザイナーと記載せずに税務署に開業届を出していたとしても、提出し直すこともできますから安心です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.