専門の仕事以外に負担が大きいフリーランス

フリーランスエンジニアとして働くことの魅力についてはよく知られています。自由に仕事を獲得することができるため、自分がやりたい仕事をやりたいだけやって稼ぐことができ、休みたいときには休むことができるでしょう。また、その経歴を利用して就職を考えることもできるため、成果を上げるほど将来性も高まっていくことは魅力的な点として理解されています。

しかし、実際に企業勤めをやめてフリーランスを始めてみると意外に苦労が多いことに悩まされがちです。その中でも専門の仕事以外にやらなければならないことが増えるのを苦労と感じる人が大勢います。企業に勤めていたときには、専門の職員が処理してくれていた事務処理を自分で行う必要があったり、企業側が提供してくれていた福利厚生のサービスを自分で手配しなければならなかったりするのです。典型的なのが健康保険の選択と加入手続きを行うことや、納税のための帳簿の作成や確定申告の手続きであり、頭を悩ませたくないにも関わらずやらなければならないこととして重荷になりがちになっています。

こういった事務的な仕事をルーチンで行えるようになるとフリーランスエンジニアとしての仕事に集中できるようになるのです。あるいは外注を行ってしまう場合もしばしばあり、税理士や公認会計士などに相談することで解決できることもよくあります。仕事を始めてからそこまで頭を巡らせなければならないのは大変であるため、予め準備をしておくことが大切です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.